ドイツライフ‐3

本番押し迫ったこの時期ですが…稽古の気分転換に(現実逃避かな^^;)ドイツライフ…

ドイツでは、移民や長期滞在の外国人向けに安い授業料でドイツ語が勉強出来るコミュニティ・カレッジがあちこちで開校されている。私が入学したクラスは、生徒が15〜20人くらいだったかな。日本人は、私を含めて3人。英語圏の生徒は、一人も居なくてコミュニケーションの手段はお互いカタコトのドイツ語のみ。自宅の方向が同じだったのがイラン人女性だったため、彼女と通学してた。そりゃもうドイツ語単語と身振り手振りで、一言で済む話が何分もかかって。ある時彼女が、「あなたは○×△□ですか?」と尋ねてきた。「○×△□?」なんだその単語?授業に持参している辞書を開く。「亡命者、難民…」『亡命者!?』んな人身近に居ないよぉ^^;てか、何?アナタ亡命者なの?!

……えぇーっ(;□;)!!

なんも考えず、イランて聞いただけで「毎朝お祈りするのー?」とか聞いちゃった^^;でも、彼女はクリスチャンで、ご主人とともにドイツに亡命してきたらしい。なんか、脳天気な私たち日本人とは次元が違うなぁ(-_-;)

とはいえ、日本に居る時と違って日本を背負ってる気はしてた。日本大使館でも実用ドイツ語みたいなのを教えてくれるので毎週数回通ってたし(日本でもあーゆー教え方してくれれば良いのにって思うくらい実用的でわかりやすかった!)。日本大使館のお世話になるってだけでもなんか普通と違う気するでしょ?雅子様が愛子様を御出産された時には、ドイツ語習ってる皆でお祝いの寄せ書き送りましょうって、寄せ書き書いたんですよ。雅子(愛子)様に。日本に居たらフツーそういうコトしないでしょ?なんか、日本人なんだーって感じした^^;でね、皆すごく助けあってて日本人の輪がちゃんと出来てて心強かった(*^.^*)先人の方々が苦労して、苦労して、築き上げて下さったおかげですね。本当にありがとぉー(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツライフ‐2

ドイツでは、以外と日本の食材が簡単に手に入った。かなり割高ではあったけど。怪しげなアジアンフードのお店や日本食材屋さんが電車で行ける範囲にあった。お米や焼きそば、お豆腐などいろいろおいてる。あ、お豆腐は、日本じゃ見たコトないケド粉末でお湯に溶かして固めるタイプのものが売ってた。買いだめ出来て便利だった。それから、ちょうど日本を発つ直前、「伊東家の食卓」で「高野豆腐をお豆腐に戻す方法」をやってて、わざわざ高野豆腐を持って旅立ち、早速現地で試したら…ふやけた高野豆腐になっただけだった(;_;)

…お店の話に戻します。大抵の物は、普通冷凍しないモノまで冷凍されていて賞味期限が一年くらい前に切れているケド平気で、しかも高額で売られている。それでも日本人は喜んで購入していた。「あら、そういうものなのね」って思えば、赤信号も皆で渡れば怖くない。死なへん、死なへん。

青じそなんかは、街の市場で鉢植えで売っている。ドイツ人は、ご存知の通り外を行き交う人々に見て貰うためベランダに沢山のお花を植えるのだが、私は青じそ植えてた^^;次から次へと立派な葉が生えてきて…ホント、美味しかったの( ̄▽ ̄)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツライフ‐1

5年程前、ドイツに半年間在住してました。家庭の諸事情により。現役学生時代は、英文科で第二外国語は仏語。独語なんてアルファベットの読み方すら知らなかった。「V」が「ファウ」で「J」が「ヨット」棰?「Y」なんて「イプシロン」???なんで50音みたく一文字一音じゃないのっ?!1〜2週間ほど語学教室で詰め込んで、いざドイツへ。って、そんな程度でしゃべれるわけないじゃん^^;だって日本の語学教室で教えてくれるのって英語でいう“This is a pen.”レベルだよ。なんかもっとショートカットして実用レベルに出来なかったのかしら。かくして、ポケットガイド片手にドイツ生活を始めたのでした。間もないころ郵便局を探してウロウロしたケドみつからず(というのもドイツでは、車道と歩道がほとんど完全隔離されてて車道から見える景色と歩道から見える景色が全く違う)、仕方なく通りすがりの女性に尋ねることにした。まず「Can you speak English?」とりあえず聞く。たいていの独人は英語が話せるらしいから。ところが!独人は、日本人と似てシャイでハニカミやさんなのだ!必ず恥ずかしそうに微笑んでから「いいえ」と答える。「うそだぁ。絶対片言でも英会話出来るはずだ〜」と、独語でつっこめるはずもなく(「いいえ」と言われりゃ、それ以上英語で押し通すわけにもいかず)ポケットガイドに載ってる例文で「郵便局どこですか?」と尋ねた。

(;□;)!!

独語で聞いたら、独語で返事が返ってくるじゃん!そりゃ当然ですよ。そりゃね、返答の例文載せたらキリないでしょうケド、それじゃあ、それじゃあそもそも質問の仕方載せても意味ないんじゃあないですかぁぁぁ(;_;)

落ち着け〜、落ち着け〜。お互いヒト同士。言語は、ハートよ!

じっくり相手のお顔と全身を見る・・・。おぉ、あっちにまっすぐか、そして右へ…なんか…なんか、わかったかもぉ( ̄▽ ̄)v無事、郵便局発見。終始笑顔で教えてくれた彼女に感謝。

…あたしゃ、何処でも生きていけるよ。

そう確信した瞬間なのでしたo( ̄^ ̄)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)